本文へ移動

理事長あいさつ

理事長挨拶

代表者あいさつ
理事長 名嘉重則


年 頭 の あ い さ つ

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

 昨年一年間を振返りますと、暗い出来事が多かったような感じがします。一番はロシアがウクライナに侵攻し、非人道的な攻撃と虐殺により無数の大切な命と暮らしを奪い、現在も多くのウクライナ国民の犠牲を強いていることです。

日本では自民党の安倍晋三元首相が、参院選の街頭演説中に銃撃され死亡したことが、日本中に大きな衝撃を与えました。そのことがきっかけとなり、旧統一教会への高額献金の実態が社会問題化しました。

これまで、世界経済を混沌とさせたコロナ感染は、全体では収束の方向に向かっていますが、我が国においては第8波の感染拡大期に突入し、現在も厳しい状況が続いております。本県も行動規制の緩和により、昨年末から再び感染が拡大している状況です。経済面では、為替相場における円安急伸が輸入関係企業の経営を圧迫する要因となり、更に原油高も加わり、全ての生活用品、資材等が値上がりし、消費者の生活をも圧迫する状況となっております。

 このような中、スポーツ界は明るい話題が多く国民を熱狂させました。米大リーグ大谷選手の二刀流の活躍、プロ野球ヤクルト村上選手のホームラン記録の更新及び最年少三冠王の獲得、サッカーワールドカップでは日本代表が強豪国のドイツとスペインを破る等、日本中の国民が熱狂した一年でもありました。

男子プロゴルフ比嘉一貴選手の賞金王獲得も嬉しい出来事の一つでした。

さて、当組合は、昨年11月に「組合創立50周年記念式典・祝賀会」を開催することが出来ました。これも偏に、消費者並びに関係者の皆様のご支援・ご愛顧の賜物であり、衷心より感謝を申し上げます。

これからも、「新鮮で安全な輸入青果物を安定供給し消費者の食卓を彩る」ことの基本理念を変えることなく、これからも事業を展開して参る所存であります。引き続きご支援ご愛顧を賜りますことをお願い申し上げます。

結びに、新年が平和で穏やかな年となり、皆様にとりましてもご多幸の年となりますよう心から祈念申し上げ、年頭のごあいさつと致します。

 

          令和5年 元旦

          那覇青果物卸商事業協同組合 理事長 名   



TOPへ戻る